高知の清流の四万十川

高知の清流を楽しむ

高知県の清流といえば4つの川が代表的です。
四国の三大河川として有名な四万十川、吉野川、仁淀川は有名です。そしてもう1つ一級河川である物部川があり、四国の有名河川が集中するのが高知県です。
その中でも四万十川は観光、レジャーの名所として話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
四万十川は四国で最長の河川であり、日本でも有数の河川であることも知られています。日本の名水百選にも選ばれているその清流は、四国高知の人だけではなく、日本全国の人に認められているのです。
この四万十川の楽しみかたとしては、河川のところどころにあるキャンプ場でレジャーを楽しむといった方法が一般的で、清流ということもあり、川の幸やそのまま泳ぐことも出来ることから、毎年多くの家族ずれキャンパーが訪れる場所でもあるようです。
また四万十川は上流と下流で、その楽しみ方も違ってきます。上流ではカヌーや屋形船でゆっくりと景観を楽しむことが出来ますし、下流に行けば太平洋と交わる黒潮の影響からか、海の幸が豊かで、少し沖に出ればホエールウォッチングを楽しむことも出来ます。
そしてなんと言っても、かつおのたたきなどで有名で、海の幸から山の幸まで四万十川の影響からかおいしい食事を堪能することも出来る最高の観光地なのです。