高知観光の目玉、坂本龍馬の故郷を見る

坂本龍馬の故郷高知を知る

最近ではレキジョ、レキオタと呼ばれる、いわゆる歴史愛好家達が多いなかで、多くの愛好家達の心を掴んで話さない偉人として、高知出身の幕末の偉人、坂本龍馬がいます。
ドラマや書籍などで、坂本龍馬が歩いた幕末の軌跡を見たり、読んだりした日本人は多いと思います。歴史好きな人となくても日本人なら名前を聞いて直ぐに思いだす人もいます。
そんな龍馬が生まれた故郷というのが、当時は土佐藩と呼ばれた高知県なのです。
龍馬が生まれたのは土佐藩の高知城の城下町で幼少時代、そして青年時代を過ごしています。
この幼少時代から青年時代に掛けて龍馬の周囲には歴史の中で重要な位置にいた人物も数多くおり、龍馬の歴史を知るということは維新を目指した人物達の歴史を知ることもできるのです。
高知県にある龍馬縁の場所として、有名なのは龍馬像がある桂浜を思い出す人は多いですが、他にも歴史資料館として龍馬が幼少期に生活していた場所が、記念館として作られており、そこでは幼少期から青年期までの龍馬の歴史を見ることが出来ます。
高知県内の様々な場所で維新の為に働いた人物達の歴史を追うことが出来ることから、幕末から明治維新に掛けての時代背景に興味をもった観光客は歴史愛好家達が多く訪れているようです。